ミネラル水宅配サービスを会社ごとに徹底比較

クリクラ町田工場見学

クリクラ町田工場クリクラ中央研究所を見学した後に町田工場を見学しました。

この工場の水の製造工程はほぼフルオートメーションになっていて、人の役割は機械が正常に動いているかどうかの確認と、出来上がったボトルの目視検査部分です。

水の製造工程は次の通りです。
なお町田工場の水の製造工程は撮影禁止となっています。

原水タンク

クリクラの水の源水は一般家庭と同じ水道水です。
その水道水が原水タンクに貯められ、そしてまず塩素が取り除かれます。

糸巻き濾過

活性炭のフィルターを通して目に見えないゴミやにおいを除去します。

RO膜(逆浸透膜)

2ナノメートルという微細な穴の膜に水を通します。
穴の大きさがあまりに小さいのでそのままでは水は通過しません。
なので圧力をかけているそうです。
放射性セシウム、ダイオキシン、ヒ素などをほぼ全て取り除くことができる能力があるそうです。
この工程で不純物は除去されます。

ミネラル成分を添加

ナトリウム、マグネシウム、カリウム、カルシウムの4種類のミネラルを配合します。

UV殺菌

水の流れにUVを照射して殺菌を行います。
ウイルスが紛れていたとしてもこの工程で除去されます。

ボトル最終洗浄

クリクラの水でボトルを洗浄する共洗いという方法できれいにします。

充填機・キャップ打ち込み

フルオートメーションで次々と製品が仕上がっていきます。

日付印刷

ボトルがローラーコンベアを移動していく過程でインクジェットプリターが一瞬にして印字します。
おそらくプリンターヘッドは非接触だと思います。

製品検査

人がボトルを手にとり目視検査を行います。

お祭り広場

記念撮影ここまでの一連の製造工程を見学後、工場内にあるお祭り広場に移動します。

クレヨンしんちゃんのイラストがあちこち描かれたお祭り広場では、クリクラの試飲ができます。
また、クリクラの水を贅沢に使った手湯や、クリクラの水を使った水槽で泳ぐ魚を見たり、しんちゃんのパネルと一緒に記念撮影ができるようにもなっています。

そして最後におみやげをいただいて解散になります。

工場見学は小さな子供が飽きてしまわないよう時間配分もよく考えられています。
しかも、とても充実した内容で大人も満足できるものです。

東京都内から比較的近い場所にありますので、興味のある方は是非体験してみてはいかがでしょうか?

Return Top