ミネラル水宅配サービスを会社ごとに徹底比較

ウォーターサーバーとは

申し込み方法今では天然水などのミネラルウォーターをお店で購入することが珍しくなくなってきましたが、水は重くかさばるのでお店で購入するこに不便を感じている方も多いと思います。

そんな中、普及してきているのがウォーターサーバーです。

諸外国では一般的

一説によると世界中にある約200の国の中で、水道水を直接飲むことができる国は日本を含め11ヵ国しかないそうです。
海外ではウォーターサーバーの歴史は古く、アメリカにおいては1908年にはウォーターサーバーが製品化されています。

そして日本でも、安全で安心できる水を求める需要が高まるとともに、ウォーターサーバーの市場が大きく成長しています。

しかし、その名前は知っていても、その購入方法やサービス内容まで詳しくは知らないという方も意外と多いのではないでしょうか。

ウォーターサーバーのシステムを簡単に言ってしまえば水の宅配サービスなのですが、取り扱う水の種類や販売する業者も数多くあり、サービス内容も多様化してきています。
水の宅配というとコスト面を心配される方もいらっしゃると思いますが、一度にまとまった量を購入するのでコストパフォーマンスは高くなります

最近は何かと食物や飲料水の安全性について語られる機会が多くなっています。
水のおいしさにこだわりのある方はもちろん、家族に安全な水を飲ませてあげたいなど、そういった方にウォーターサーバーはおすすめです。

購入方法

そのウォーターサーバーですが、ほとんどのサービスがインターネットからの申し込みに対応しています。
一般的な購入方法としては、サービスを選んで申し込みを行うと、ウォーターサーバーおよび月単位で事前に決められた回数分、水が封入された専用のボトルが定期的に届きます。
業者によっては必要な時に都度発注するサービスもあります。

配送法について

水の配送方法で今主流となっているのがリターナルブル方式ワンウェイ宅配方式です。

リターナルブル方式
自社配達員が宅配を行います。そして配達時に空になったボトルを回収するシステムです。

ワンウェイ宅配方式
水は宅配便で出荷され、空きボトルは利用者が都度廃棄するシステムです。

ウォーターサーバー本体

ウォーターサーバー本体はレンタル、あるいは購入し、配達された水はウォーターサーバーにセッティングします。
現在普及しているウォーターサーバーは電源を取ることにより、温水と冷水がそれぞれ利用できるようになっています。
大きさやデザインも種類があり選ぶことができます。
しかし、ボトルやキャップの形状などの違いにより、基本的に異なる業者のボトルはセッティングできません。

一定の配達される水だけでは足りないという方は、更に追加で配達して貰う事も可能です。
契約する業者によっては、水を定期購入することでウォーターサーバーのレンタル料を無料にしているサービスも少なくありません。

無料レンタルをしている場合、一定の契約期間よりも短い期間で解約した際に解約金が必要になることがあります。

コメントはこちら

*
*
* (アドレスは公開されません)

Return Top