ミネラル水宅配サービスを会社ごとに徹底比較

宅配水市場の動向

宅配水市場ウォーターサーバーのテレビCMが頻繁に流れるようになり、宅配水に興味を持った方もいるのでは?

ミネラルウォーターの国民一人あたりの年間消費量は19.7ℓに達し、宅配水の市場は今も安定して成長を続けています。
その宅配水の市場が大きく拡大したきっかけが何回かあるようです。

ここでは宅配水が成長を続けている理由や市場動向についてご紹介します。

宅配水市場の動向とその背景

1990年代

水道水宅配水市場が大幅に拡大するのは1990年代以降。
水道水の原水である河川の水質劣化によって水道水に対して不安を抱く消費者が増加。

安全面の理由に加えて「おいしい水を飲みたい」という需要の高まりから、水道水の代替えとしてウォーターサーバーが普及しはじめました。

1999年

2000年問題宅配水市場は前年比130%(1998年対比)と大幅に拡大。

その背景にあるのが2000年問題
コンピュータの誤作動により停電などが起こることが懸念されました。
備蓄水対策として宅配水を選ぶ企業や家庭が増えたと推測されます。

2008年

健康志向宅配水市場は10年前の約3倍の市場規模に成長。

健康志向が高まるとともに飲料水としてミネルウォーターを選ぶ消費者が増えました。
2008年以降も宅配水市場の成長率は安定成長が続き消費者に広く浸透しています。

2011年

備蓄水原発事故による放射性物質によって食物・飲料水に対する不安が拡大。

小さな子供を持つ家庭では、調乳用の安全性の高い水をなんとか確保しょうとする動きが広がりました。
都心部ではスーパーなどで飲料水が一時的に品薄状態が続くことに。

こうした理由からも災害時の備蓄水として宅配水が見直されています。
今では放射性物質の残留検査を専門の検査機関に委託して検査結果を公表している宅配水業者も増えています。

Return Top