ミネラル水宅配サービスを会社ごとに徹底比較

赤ちゃんのミルクにも使える?

ミルクに使う赤ちゃんに安全性の高い水を使ってミルクを与えたいという理由で、ウォーターサーバーを検討しているお母さんもいらっしゃるのでは?

水道水には厳しい規準が定められていますが、必ず塩素を使って消毒されていますので塩素が残留し、微量ですがトリハロメタンも存在します。
このような水道水を使うよりも、天然水の方が赤ちゃんへの負担は少ないように思えます。

しかし、ミネラルウォーターを使ってミルクを作る場合、赤ちゃんにはよくない水もありますので十分注意が必要です。

ミルクで使う水の注意点

まず赤ちゃんのミルクに使うのであれば、ミネラルが極力少ない軟水が良いとされています。
理由は、カルシウム、マグネシウム等のミネラル分が多い水だと、赤ちゃんの発達が未熟な内臓に負担がかかり、場合によっては下痢を起こしてしまうことも考えられるからです。

ミネラルウォターで粉ミルクを作る場合、ミネラルウォターのPHおよびミネラルの含有量の推奨値を粉ミルクメーカーでもある明治が公表しています。
pH 6~8
Mg 30mg/l以下
Na 42mg/l以下
Ca 285mg/l以下
K 367mg/L以下
ミネラルの含有量が分からない場合の目安としては、硬度120以下(できれば60以下)。
※明治HP(ほほえみクラブ)より抜粋。

赤ちゃんのミルクにも使うことを前提にウォーターサーバーを検討されるのであれば、上記の数値を参考にしてみて下さい。
※ウォターサーバーの中にはミネラルを含まないピュアウォーターを販売しているアルピナというメーカーもあります。

ウォターサーバーはミルク作りが便利

水の問題が解決できればウォーターサーバーはミルク作りにとても便利です。
赤ちゃんのミルクは適温で作る必要がありますが、そのために、お湯を沸かしたり、冷たい水で冷やしたりと温度調整をしなければなりません。
普段はたいしたことのない作業ですが、ぐずっている赤ちゃんの面倒を見ながら一人でこの作業を行うのはとても大変です。

しかし、ウォーターサーバーを使えば、ほとんどのウォーターサーバーは冷水とともに温水も使えますので、その都度お湯を沸かしたりする必要はなく、すぐに適温でミルクを作ることができます。
ガスを使ったり、熱いやかんに触れる必要もありませんので、不慮の事故を防ぐことにもなります。

コメントはこちら

*
*
* (アドレスは公開されません)

Return Top