ミネラル水宅配サービスを会社ごとに徹底比較

ミネラル成分について

ミネラルについてウォーターサーバーに採用されている天然水には、生産地や製法の違いにより含まれる成分が異なっています。
天然水に含まれる成分で注目されるのが各種ミネラルです。

ウォーターサーバー用のミネラルウォーターの中には、天然水を原料にしていない水もあります。
ミネラル成分を含め、化学物質や雑菌を全て除去した後、バランスよくミネラルを加えたミネラルウォーターはボトルドウォーターと呼ばれています。

ミネラル不足になる理由

ミネラル分の少ない加工食品中心の食事を続けていると、食事でミネラルを十分摂取することは難しくなります。
健康を考えて、このミネラルを摂取することを目的としてウォーターサーバーを利用される方も少なくありません。
ただ、ミネラルウォーターにどのようなミネラル分が含まれているのか、詳しくご存知の方も多いのではないでしょうか。

ミネラルの働き

ミネラルウォーターに含まれている代表的なミネラル成分としては、カルシウム、ナトリウム、マグネシウム、カリウムなどです。

カルシウムは骨や歯の原料となる成分になります。
偏った食事が多い方、ダイットで食事制限をしている方、食事の量が減った高齢者の方は、このカルシウムが不足がちになりますので、カルシウムを補ってあげる必要があります。

ナトリウムは体の体液のバランスを保ってくれたり、他のミネラルの吸収を補助する働きがあると言われています。
筋肉の働きにも影響する必須成分です。
しかし過剰摂取は、血圧上昇の原因にもなりますので、取り過ぎには注意が必要です。

マグネシウムは代謝を促す役割があるといわれています。
効果的に摂取することで糖尿病の発症リスクを低減させるという説もあります。

カリウムは体液の浸透圧調整、神経伝達に作用するといわれています。
また血中の塩分を体外に排出したり、血圧を下げる効果があるといわれています。

このように、ミネラルウォーターを摂取することで、日頃の生活を健康的に支えてくれる重要なミネラルを補助的に摂取することができます。

最近ではこれらのミネラルに加え、バナジウムサルフェートといったミネラル分を含んだ天然水が注目を集めています。
バナジウムは血糖値を低下させる成分といわれて注目されていますし、サルフェートには体に溜まった毒素を排出し、代謝機能を高める作用が報告されています。

ミネラルの中には過剰摂取が問題となる成分もありますが、ミネラルウォターに含まれている量は微量ですので、特殊な病気を患っている方でなければ、過剰摂取を気にする必要はないと思います。

コメントはこちら

*
*
* (アドレスは公開されません)

Return Top