ミネラル水宅配サービスを会社ごとに徹底比較

ミネラル水の製法

ガロンボトルウォーターサーバー用の水として販売されているミネラルウォーターには様々な種類があります。

その種類を大きく分けると、天然水ボトルドウォーターの2種類のタイプに分類され、天然水はその名の通り自然の水を利用したもの、ボトルドウォーターは工場で大きく成分調整した水となります。

天然水

特定の水源から採水された地下水を濾過、沈殿、加熱殺菌をしたものを天然水(ナチュラルウォーター)と呼びます。
おいしさやミネラルバランスなどは原水の水質によって変化します。
天然水の中にも成分や処理方法の違いによって、ミネラルウォーターナチュラルミネラルウォーターと呼ばれる水があり、ウォーターサーバー用の水として利用されています。

ミネラルウォーター
ナチュラルウォーターと同じ処理(濾過、沈殿、加熱殺菌)に加え、オゾン殺菌や紫外線殺菌を行い、ミネラル成分などを調整した水です。

ナチュラルミネラルウォーター
ナチュラルウォーターと同じ処理(濾過、沈殿、加熱殺菌)以外行っておらず、地中に含まれる天然のミネラルを含んだ水です。

ボトルドウォーター

原水の成分を大きく変化させる処理を行った水です。
ボトルドウォーターの製法としてよく使われるのが逆浸透膜(RO膜)処理を施したもので、この水はRO水と呼ばれています。

RO水
逆浸透膜(RO膜)というナノレベルの微細な膜で不純物を取り除く処理がされた、いわゆるピュアウォーターとよばれるクリアな水です。
このため水の品質は原水の水質に殆ど影響されません。
スペースシャトルや海水淡水化プラントなどにも採用されたテクノロジーで、一般の浄水器では除去できない化学物質や雑菌などによる汚染は、ほぼ完全に除去されますが、同時にミネラル成分も取り除かれてしまいます。
そのため市販のRO水は、製造会社独自の基準で健康にも良いとされる各種ミネラル成分を後から足して販売されています。
もちろんミネラルを足さずピュアウォーターとして販売される水もあります。

コメントはこちら

*
*
* (アドレスは公開されません)

Return Top